魅惑スポットの真栄田岬で安全ダイビング!

ダイビングは老若男女問わず人気のスポーツで、夏休み中特に人気となります。今年からダイビングデビューがしたい!そんな人に向けて安全にダイビングを楽しむコツをご紹介いたします。

初心者も安心なダイビングスポット真栄田岬

真栄田岬 ダイビング

ダイビング、潜水用器材を使用して初心者なら浅いところ、中級者以上になるとより海の奥まった部分まで潜って海洋生物の神秘や海中の景色を楽しむことができる、そんなマリンスポーツです。
きちんとレベルわけをして正しいダイビングをすれば初心者でも十分に楽しめます。

沖縄の 真栄田岬まえだみさきも初心者に優しいダイビングスポットが数多く存在しており、特に洞窟内が青く見える青の洞窟はより神秘的なダイビングを楽しめるスポットとしてとても人気です。
またこの真栄田岬は浅い海中でもサンゴ礁やクマノミなど熱帯の鮮やかな魚が見られるということもあり、気軽に潜って存分に楽しむために最適なスポットといわれています。
穏やかな海で美しい海を堪能する、いままでダイビング経験がない、そんな人も体験をするために是非おすすめしたいスポットとなっています。
またここではダイビング教室が数多く営業しており、また専用器材についてもレンタルをされています。
そのため着替えやタオルだけ用意すれば他は基本手ぶらでOK!その状態で一日ダイビング体験をすることができます。
またカナヅチである、という自覚を持っている場合でも、経験豊富なダイバーによって指導がうけられます。
基本泳げない人は泳ぎ方がわからないから、という場合が殆どです。
なので、そういった人向けに海中での正しい身体の動かし方などを教えてくれたりと、一日でもダイビングをしっかり楽しめるようにサポートしてくれます。
美しい景観、経験豊富なダイバー、そして沖縄ならではの海洋生物……これらを楽しむ沖縄旅行をするなら是非真栄田岬をおすすめいたします。

沖縄はシーズンになるとマリンスポーツを楽しみたい方が多く訪れます。
観光客向けに本格的なダイビングツアーから、海中を船の上から覗いたり、また素潜りを楽しんだり、中にはその様子を撮影してくれるサービスもありますので、海に魅力を強く感じている、そんな方は是非一度は体験をおすすめしたいものばかりとなっています。
沖縄でダイビングをたのしむなら真栄田岬で!青の洞窟以外にも魅力的なスポットがたくさんあります。

安全なダイビングの基本って?

真栄田岬 ダイビング

真栄田岬 (沖縄県恩納村)

真栄田岬まえだみさきでダイビングをすることが決まった!とても楽しみで、旅行の計画をたてながらわくわくしてしまうものです。
しかしダイビングは楽しいのはもちろんですが、それは安全に実行できたときに限るもの、海は陸上生物である人間にとって呼吸に必要な空気もなく、また水圧などの影響を受けてしまう場所でもあります。そのためうっかりすると大事故になる可能性も……初心者の場合は更に恐怖感を覚えてしまうものです。
しかしここまでダイビングが普及しているのは、安全にダイビングを行うための基本をしっかり守られているから!ここでは安全にダイビングを楽しむための方法についてご紹介いたします。
しっかり慣れている人も、改めて確認のためにこれら基本はおさえておくが大事です。

まずダイビングにあるのがバディ・システムです。
ダイビングの基本ルールとされており、ダイビングをするときはしっかりとバディを組んで位置関係を決めるのが基本となっています。
一人ではなくバディを組むのには大事な意味合いがあり、まず相手の器材が正常に働いているか、最大の深度や潜水時間をしっかり決めてお互いにこれを意識するなど安全にダイビングをするために相互にサポートをする意味合いもあります。
また水中でもこまめにお互いを確認して合図を送りあう、いまどこにいるかを常に意識しておく、というのが大事です。
ダイビング中の事故の特徴として挙げられているのがトラブルが発生したときにそのバディが全く気づいていない、という特徴があります。
ダイビング中バディがどこにいるかを把握していない、というのはとても危険なこと、バディ・システムはお互いが責任を持つのが大事です。
友人同士でも、家族でも、またその時居合わせただけの人でも、ダイビング中のバディはとても大切な存在なので、このバディ・システムの重要性をしっかり把握しておくのが大事です。

次にけして無理はしないことが大事です。
ダイビングは経験本数やカードランクなどから適切なダイビングプランをたてる必要があり、ガイドに伝えるときはそれに正直になる必要があります。
でないと無理に難易度の高いスポットにいってしまい、取り返しの付かないことが起こってしまう可能性があるためです。
心配な部分や不安な部分があればすぐに伝えるというのも大事、それで迷惑そうにするガイドはいないです。
けして自分の力量を上回るようなことはせずに、順序を守って確実なレベルアップをしていくのが大事!無理なく安心して楽しむのを最優先にして行うのが安全なダイビングにおいてとても大事なこととなっています。
もし不安が残る場合はコース取りの変更などを要求することもできるので、リスクが発生する前に遠慮なくそれを申告するのはとても大事なことです。

そして最後にダイバー自身ができる事故対策についてです。
まず、自分は事故をしない、という考えが危険なので、いつどういった事故をするか、というのを常に考えて行動する必要があります。

  • エントリー前に地肌で水域の水に触れて確認
  • 身体を慣らしておく
  • 心身共に落ち着いて潜降する
  • 潜降してもすぐには移動しない
  • しっかり状況確認をしながらダイビングをする

これらのことが大事で、ちょっと体調が悪いけれど大丈夫、寝不足だけど大丈夫などの甘い考えは持たないで万全の対策を取るようにしたいところです。
落ち着いてダイビングを甘くみない、これが何よりも有効なダイバー自身ができる事故対策です。
簡単なように思うかもしれませんが油断をしているとついつい抜け落ちがち、しかしこれをしっかり念頭に置いておくことで事故率は予想以上に減ります。

必要なスキルについては体験教室でしっかり指導をしてくれます。それもきちんと身についているか確認した上で安全なダイビングを楽しみたいところです。
自分の力量をよく知り、常に確認して油断しないのがダイビングを安全に行う基本です。
けして難しいものではないので実践して海の世界を堪能したいところです。

真栄田岬でのゆったりマリンアクティビティ

真栄田岬 ダイビング

真栄田岬まえだみさきでは経験豊富なダイバーの指導の元、体験ダイビングやボートダイビング、そしてダイビングライセンスの取得も可能です。
青の洞窟を堪能できるツアーも組まれており、その内容はまったりゆったりしたものも!折角の沖縄の美しい海をのんびり堪能できる、そんなツアーが組まれています。
ダイビングの魅力の虜になった人の多くが、その海中の景色に魅了されているからです。
陸上で見られないような神秘的な光景が見られるダイビングでは熱帯の魚や自然の造形美であるサンゴ礁などが広がっており、海中もれっきとした観光スポットなのです!
普段の喧騒を忘れてまったりと海中の世界を散策できる真栄田岬、肩の力を抜いて楽しむことは勿論、本格的なダイビングのスキルアップも目指せたりと充実した時間が過ごせます。
沖縄旅行の醍醐味がたっぷりつまっています。